Let’s いいお産 ♪〜あなたのドゥーラになりたい〜

このサイトは、一人でも多くの方に、いいお産を!!ということを目標に長野県東信地区から全国に発信しています。
このブログを媒体として、みんなでいいお産を考えて、みんなでいいお産しましょう☆ ^^/
このブログ、見ちゃった人はなんでもどこでもいいので、ちょっこっとでも感想書いて参加型のブログに仕上げてくださいね^^
どんどんリンクお願いしますm(_ _)m
<< いいお産って、なんだろう? | main | 次回の産導楽! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
病院選びの現状
先日の「どうする?日本のお産IN長野」からの報告を兼ねて。

4年前、長女を都内で出産したとき、
「入院前に、書面に必要事項を書いて、予約金をお支払い下さい。」
と言われた。つまり、病院から分娩を当院でするかどうかの確認は一度もなく、
予約金も30週辺りだったような気がする。

しかし、今ある地域では6週から10週で分娩予約を締め切られるという!!!びっくり
多分、私が病院で妊娠を確認したのは6週である。
それでも、結構早いのではないだろうか??
でも、今は妊娠が確認できました。今うちで産むかどうか決めないと面倒見れませんよ〜
っていうこと。

「あれ??生理遅れてる?もしかして・・・・」
っと病院へ行ったときには、
「妊娠してますね〜〜でも、うちは分娩予約一杯なので他でお願いします。」
そういう事態が今現状でおきているのである。

もちろん、医者も本意ではない。
妊婦さんから怒られる事も度々あるという。
妊娠していても、出産場所の確保が出来ない。
その妊婦の不安は計り知れないだろう。
その不安に医者も直面し、当惑するが、予約が一杯で手に負えない。
無責任に分娩を引き受けるわけにも行かない。

たった4年で、こんなにも状況が違うと思わなかった・・・・
出産難民は、すぐそこではなく、もう現実起きている問題なのかもしれない・・・

妊娠したら、もう出産難民になっていた!!

なんて・・・・・
不安すぎる。この現状、妊婦さんだけの問題じゃないですよね??
女性ならばいつ、自分が妊婦になるかわからない。
4年でこんなに変わるならば、自分の娘がお産する時代はどうなってるの??

これから、みんなで真剣に考えていかねばならない問題ではないでしょうか?


それから、もう一つ、病院の現状で衝撃的なお話が。

定期健診のときに、事前に紙が渡されるそうです。
そして、そこに医師に質問したい事を羅列するそうです。
私は、これを聞いたとき、
「素敵〜〜!お医者さんの前に行くと、聞こうと思っていたことも吹っ飛んじゃうし。これなら、聞き漏れない!!いいなぁ〜ラブ
って思いました。
そしたら・・・・
そこに書かれている質問に医師がタンタンと答えて、こちらから医師に直接質問することはできないそうなんです。冷や汗

これって・・・医師との対話がないってことですよね??
スムーズに診察を進めるための対策だそうですが・・・・
どうなんでしょうか・・・・
待ち時間の短縮など、妊婦さんの負担を軽減するための策なのかもしれません。
そのことによって、助かる妊婦さんがいることも事実でしょう。
でも・・・どうせ待つならば、待って医師と心を通わせたくないですか??
直接対話して、直接不安を拭い去ったほうがよくないですか??

妊婦を思いやる方向が間違っているような気がしてしまうのは私だけでしょうか・・・

| 斎藤 八重子@ドゥーラ | 管理人の勝手なつぶやき・・・ | 22:22 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:22 | - | - |
はじめまして。
妊娠希望中の兼業主婦です。

>スムーズに診察を進めるための対策
これ、待ち時間の短縮のためではなく、一人当たりの診察時間を短くしてなるべくたくさんの妊婦さんを受け入れるためじゃないでしょうか?
産院が減っても出産難民を出さないためには、残った産院で今までより多くの妊婦さんを受け入れないといけないってことですよね。そのためには、一人当たりに掛ける時間を短くするしかないと。

| ともち | 2006/10/13 1:27 PM |
家を留守にしていたので、コメントが遅くなってしまって、ごめんなさい!!
そして、コメントありがとうございました!!
妊娠希望の方から、コメントいただけるなんて、うれしいです^^

ともちさんの、言うとおり、一人でも多くの妊婦さんを診るための前向きな対策なのかもしれませんね!
私は、思い込みが激しいタイプなので、こうやって違う視点を指摘してもらえると本当にうれしいです^^
これからも率直な意見聞かせてくださいね!



出産難民を少なくするためには、一人の受け持ち時間を短縮させなくてはならない・・・・
ならば、どこかで心のケア・ゆっくり話を聞いてもらえる場が必要になってきませんかねぇ〜。

妊娠中は初産の人ほど不安だらけ。
経産婦だって、毎回不安はあります。
その不安を一つでも多く解消させられなければ、
安心してお産を迎えられないのでは?と思います。
逆に、不安が残っているほど、いいお産から遠ざかってしまうと思うんです。

医者じゃなくてもいい。
助産師じゃなくてもいいから、
妊婦さんの心の声を聞いてあげる人、そして場を作ると言う
対策も必要じゃないかなぁー。
| 斎藤@ドゥーラ | 2006/10/16 10:47 PM |
>心のケア・ゆっくり話を聞いてもらえる場
根本的に解決するには、分娩を扱うお医者さんや助産師さんの数をもっと増やすしかないんでしょうね。でも、今妊娠している人にはもちろん、これから妊娠したいと思っている私なんかにも間に合わないように思います。

妊娠出産の不安を相談するのは、やっぱり医学的な知識を持っている人のほうが安心できるような気がするので、
資格をもっているけど現在は働いていない助産師さんが妊娠出産に関して相談するための場で週2回くらいでも働いてくださるとか、
一人の妊婦さんに十分な時間をとっている助産院で少しだけ一人あたりの時間を短くして病院で出産する妊婦さんの相談にのる時間を作るとか、
産科をやめた婦人科のお医者さんが分娩は扱わなくても相談には応じるとか、、、
簡単じゃなさそうですね。
| ともち | 2006/10/17 6:43 AM |
ともちさん>
本当は、ドゥーラがきちんとした職業が確立すれば一番いいんですけどねぇ〜。ちょっと当面は無理かなぁ・・・

私は、資格があるない関わらず、妊産婦さんの不安は経産婦や同じ妊婦友達の井戸端会議でもかなり精神的不安は解消されないかなぁ〜〜って思っています。だから、資格に関わらずに今の妊婦さんを救える何かを考えていきたいんですけどね〜〜

でも、やっぱり一番は資格者が相談に応じてもらうことが安心ですよね!^^
世間の医師・助産師はご存知の通り今や手一杯な現状。
だけど、開業助産師さんは分娩扱いを最低限に抑えて、
妊婦さんのためのサロンを開いてくれているところもあるので、近くの助産師さんを訪ねてみるのもいいと思います!

そして、市の保健士さんも頼れるのでは??
保健士さんは、看護師の資格を取った上で保健士の資格を取得します。そして、妊婦さんの健康という面で相談にのれることもあると思います。
市の保健士さんはだいたい、赤ちゃんの身体測定などのために解放してますよね?ちょっと寄って顔なじみになるのもどうでしょうか??

他に、何かいい案ありますかねぇ?

現状を批判するだけでなく、こうやってみんなで現状を打破していく話し合い。これって大切です!!!
みんなで、考えていきましょう^^
そして、きっかけをくれたともちさんに感謝です!!
| 斎藤@ドゥーラ | 2006/10/17 10:07 PM |









http://e-osan.jugem.jp/trackback/33
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ カウンター
合計:無料カウンター 本日:ナンパ 昨日:出会い系 不倫エッチハメ撮りセフレ熟女
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE