Let’s いいお産 ♪〜あなたのドゥーラになりたい〜

このサイトは、一人でも多くの方に、いいお産を!!ということを目標に長野県東信地区から全国に発信しています。
このブログを媒体として、みんなでいいお産を考えて、みんなでいいお産しましょう☆ ^^/
このブログ、見ちゃった人はなんでもどこでもいいので、ちょっこっとでも感想書いて参加型のブログに仕上げてくださいね^^
どんどんリンクお願いしますm(_ _)m
<< お産の自由を守る全国ネットワーク(仮称)について | main | 産導楽2月・3月テーマ決定!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
署名活動休止の報告
色々なご意見ありがとうございました。
どうやら中心団体の見解で、署名活動は休止の方向へ向かっていくようですので、
ご報告します。

今回は、様々考えさせられました。
そして自分の至らなさや、色々な事を勉強させていただきました。
みなさんには不快な思いや、ご迷惑をお掛けした事をお詫びします。
そして、そんな自分を気付かせていただいた事に感謝します。

この署名活動に私が参加しようと思った理由は、
署名活動を中心に行う団体の助産院が医療法改正により、閉鎖に追い込まれるということで協力して欲しいという依頼からでした。
私自身個人的に、この中心団体と交流があったので
私が協力できることならば協力したいと思ったのです。
そして、その依頼から締め切り期日が迫っていたので、
私は軽率にも自分自身の足で調べることなく、まずは告知をして、多くの賛同団体が集まってくれれば!!
そう思ってのブログ掲載となったのでした。

その後、自分なりに様々調べているうちにコメントを頂くようになり・・・
調べれば調べるほど、自分がしようとしていることが正しいのかどうかわからなくなりました。

そして、今の私の見解は、医療法改正は助産院で産もうとしている女性の権利をより主張することができる安全を確保する為に必要なものなのかもしれない、と思っています。

私の勝手な思い込み、そして勝手な行動で、
医療法改正に賛成していた方に嫌な思いをさせてしまったこと、
そしてもし多くの助産師さんが思っていることに反していたとしたら、
本当に申し訳なく思います。
助産師さんを支援したいと思っていた行為が、首を絞めようとしていたのかと思うと、
本当に情けなく思います。

署名活動は休止になっても、この問題を私自身がきちんと考えたい問題なので、
今後も考え続けていきたいと思います。
そして、助産師会の見解もうかがってみようと思っています。

以上が私の現在の見解です。
今後もみなさんのコメントから学ばせてもらう事が多いと思いますので、
思ったことをぶつけてくださればと思います。
今回は、申し訳ないと思うのと同時に、
ここで気付かされた事に感謝です。
| 斎藤 八重子@ドゥーラ | - | 22:49 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:49 | - | - |
助産院がもっと一般的な選択肢になって助産師と医師と役割分担ができるのが理想的だと思います。
そのためにも医師や病院との緊密な連携というのは必須で、例え出産中に予想外の事態が起こってもすぐに適切な医療措置を受けられるという安心感があれば、助産院を選択する妊婦さんはもっと増えるだろう思います。
| ともち | 2007/02/10 9:48 AM |
私が考えているいいお産というのは医療者と信頼関係が築けて産み方に納得できるお産です。自然分娩でも帝王切開でも、赤ちゃんが無事に生まれてきてくれたら良いと思っています。自然分娩の予定が緊急帝王切開になる可能性だってゼロではないと覚悟しています。医療介入が赤ちゃんと自分のために必要な措置であれば納得できると思っています。

助産院で出産していいお産だったと言える方が多いのは、助産師と信頼関係を築いて妊娠や出産について理解を深めるるだけの時間をかけてもらえることが多いからではないでしょうか?
一人の助産師さんが医師並みにたくさんの分娩を扱うような状態になったら、お産の満足度は下がるだろうし、逆に病院で受け入れる妊婦さんの数を助産院並みに制限すれば、医師が一人の妊婦さんに十分な時間をとれるようになり、しっかり信頼関係も築けてお産もゆっくりできて、いいお産だったと思える人が増えそうです。

助産師も産科医も増えないと解決できない問題のように思います。
| ともち | 2007/02/10 10:07 AM |
「ある産婦人科医のひとりごと」の先生が「30分ルール」がネックになるような事を書いていました。

医師・助産師を増やすのは大事ですが、やはり「お産は無事に終わって当たり前」の風潮を全体で改めないといけないと思います。
| とく子 | 2007/02/10 4:25 PM |
ともちさん、とく子さんコメントありがとうございました!

私も最近ともちさんと同じような事を考えていました。
やっぱり決定的な違いはコミュニケーションの違いかなと。
どれだけ、より親密にお産介助者となりえたか、
それがいいお産を左右するのかなぁ〜と。

そして、母子ともに安全の確保。
これは当然ですよね。
私自身も、これは必要不可欠なものだと感じていますし、
今は医療法改正が助産所を救う法案になることを願っています。

「お産は無事に終わって当たり前」っということでは、
ちょっと自分なりの意見があるので、
また近々トピを立てたいと思います^^
| 斎藤@ドゥーラ | 2007/02/19 1:14 AM |









http://e-osan.jugem.jp/trackback/45
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ カウンター
合計:無料カウンター 本日:ナンパ 昨日:出会い系 不倫エッチハメ撮りセフレ熟女
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE